学生はMacとWindowsのどちらを選ぶべきか現役SEが解説します

現役大学生が絶対Mac!!とお勧めしているブログを拝見しました。
現役が言うんだから説得力があるような気もしますが、わたし個人としては、ほとんどの人はWindowsのほうが良いのではないかと思っているので、その理由を解説していきます。

Macをお勧めしていた現役大学生になくて、わたしにあるのは、大人としての長期の目線です。
タイトルには現役SEと入れていますが、実はSEはあまり関係ありません。強そうだから書いた(笑)
(エンジニアなのは本当です)

優秀だという自覚があるならMacを買っても良い

優秀な人はなんとでもなるので、MacでもWindowsでも好きなので大丈夫です。
就職しないで起業するような人や、Macを支給するような意識の高いベンチャーに就職できるような人であれば、就職したら会社のパソコンがWindowsで戸惑う、ということもないので。

極端に能力が低い自覚がある人もMac

例えばソフトをインストールするだけでも、Windowsなら32bitなのか64bitなのか、OSは何なのか、そこでつまづく場合もあるからね。
そういうのを自分で解決する自信がない人は、Macのほうが簡単です。

Macで気持ちがアガるしお金もあるならぜひMac

Macを小脇に抱えた俺カッコイイ気分がアガる!Macの操作が楽しいからクリエイティビティが刺激される!そして金銭的にも余裕がある、というかたは、ぜひMacにましょう。
楽しいとか、好きという気持ちは大事にしたほうが良いです。

能力が高くはない自覚がある人はWindows

特別能力が高いわけでもなく、良い大学に行っているわけでもなく、ごく普通の会社勤めをするんだろうな・・・というような人は、Windowsにしましょう。
就職したとき、意欲的なベンチャーかデザイン系でもなければ会社の端末がMacであることなどはまずないです。
Windowsの操作に慣れておいたほうが良いと思います。
この層が一番人数が多いはずなので、ほとんどの人にとってはWindowsが最適解ではないか、とわたしが思っている理由です。

「自宅ではMacなのでWindowsは使いにくくて」などと職場でおっしゃる人はたま~にいるけど、確かにパソコンの操作だけでモタモタしているし、パソコン操作に限らず順応性や創意工夫も苦手な傾向があるな…と密かに思います。
1日のうち会社で仕事をする時間のほうが長い、つまりWindowsを使う時間のほうが長いのに、なぜいつまで経ってもWindowsに慣れないのかな?
(みすくちゃん調べ)

それと、パソコンは長く使ってもさすがに5年が限界。
学生さんだったらノートの持ち歩きだろうから、5年ももたないですよね。
次の買い替えを考えても、Windowsでリーズナブルに抑えておいたほうが良いと思います。

奨学金を借りている人はWindows以外にありえない

ただでさえ多額の借金を背負っているのに、富裕層が購買ターゲットであるMacを買ってどうするんですか。
これ以上、悪い大人に騙されちゃダメ。

MacとWindowsどちらを使うかは重要ではない

人によってどっちを選ぶべきかは変わってくるけど、どちらを使うかは別に重要じゃないです。
Macを使うにせよ、Windowsを使うにせよ、自分が持っているもので何をするか、どう勝負するかが大事。
パソコンに限らずね。

まとめ

ほとんどの特別に優秀というわけでも、デザイン系に進むわけでもない学生さんは、社会人になって会社勤めをするのであれば、Windowsを使うことになるので、学生のうちからWindowsに慣れておけば良いです。
でもMacは一種の宗教なので、好きな人は惹かれるものがあるだろうし、好き!という気持ちとお金があれば、ぜひMacを買ったら良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です